伝記

ルカ・フィオレンティーニ – チェリスト

伝記 – ルカ・フィオレンティーニ

Luca Fiorentini è nato a Venezia nel 1966. Ha studiato nella città lagunare con Adriano Vendramelli e si è diplomato al Conservatorio di Milano con Rocco Filippini. 彼の音楽の贈り物のためのルカ・フィオレンティーニは、などの大物からの主要な賞を持っていました : クラウディオ・アバド, リッカルド・ムーティ, ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ, ナタリア・ガットマン, ダヴィド・ゲリンガス, ポールTortellier, デビッド・スターン , Carmignola, ファビオ・ルイージ , オラRudner, フランコ・ロッシや他の多くの. 彼はポールTortellierに師事しました, アンナー・ビルスマ, Mistislavロストロポーヴィチ, ダヴィド・ゲリンガス, ダニエルShaffran, ダリオ・デ・ロサ , フランコ・ロッシとピエロ・ファラリ. 彼は数々のアカデミーに出席しました, tra cui la “Stauffer” di Cremona, Chigiana, ザルツブルク・モーツァルテウムで. 5年間、彼はヴォルフガングHerzerのクラスにウィーンのムジーク音楽大学で学ん , ウィーンの首席チェリスト.

彼は、国内および国際大会でのいくつかの最初の賞を受賞しました ,si è esibito in tutto il mondo sia come solista sia in quartetto e in trio con pianoforte ottenendo grandissimi elogi dalla critica e dal pubblico.In particolare ha suonato come solista nelle piu’ importanti sale italiane ed in Austria, 日本, フランス, スイス, ドイツ, スペイン , メキシコ, イングランド, ロシア,トルコ, ドアなど. 6月に 2010 ワシントンとニューヨークで大きな成功を収めて開催された重要なリサイタル. から 1988 アル 1993 ha fatto parte dell’orchestra dei Wiener Philharmoniker e della Wiener Staatsoper Orchester, con le quali continua tutt’oggi a collaborare. Nello stesso periodo è stato violoncellista del Quartetto Gustav Mahler formato da prime parti dell’orchestra dei Wiener Philharmoniker. 6月に 1998 e’ stato chiamato dal M.o Riccardo Muti a fare il primo violoncello per l’opera “Manon Lescaut” al ” Teatro alla Scala”, ドイツ・グラモフォンのために記録. 三月まで 2000 e’ stato primo violoncello del Teatro alla Scala e della Orchestra Filarmonica della Scala. E’ stato primo violoncello del Teatro “Carlo Felice” di Genova , dell’Orchestra del Maggio Musicale di Firenze , パルマ王立歌劇場, ヴェネツィアのフェニーチェとボルツァーノのハイドンフィルのオーケストラ, della “Philharmonia Wien Orchester” e sempre a Vienna della “Tonkünstler Orchester“, la Orchestra “Mozart “ di Claudio Abbado. 彼は両方の導体などC.Mに沿って最初のチェロとして数え切れないほどの時間を果たしました. ジュリーニ, G.Solti, G. Pretrè, C.Abbado, S.Ozawa, D.Baremboim, L.Maazel, M. ヤンソンス, W.Sawallisch, G.シノーポリ, Z.Mehta, 卿C.Davies, B. ハイティンク, 卿S.Rattle, F.Luisi, S. ビシュコフ, ç­‰, で 2008 彼はトリオショスタコーヴィチを設立しました , スラバMorozバイオリンのような偉大なミュージシャンと (ナタリア・ガットマンの息子) 電子ドミトリVinnikピアノフォルテ. 彼はピアニストヤクブTchorzewskiとデュオで再生します. Il compositore Marco Sofianopulo gli ha dedicato il pezzo “Salmo e danza di David” eseguito per la prima volta e portato in Europa nel 2006. アンドレア・フェランテ, 有名な作曲, ha scritto e dedicato per Luca Fiorentini il “Concerto Blu” per violoncello e Orchestra e il “Concerto Giocoso” per violoncello ed Orchestra d’archi . 彼は完全な作品を記録しました, 初演版, アントニオ・ヴィヴァルディチェロによるCDコンサートやソナタ , Archi e Basso Continuo insieme con l’Orchestra dell’ Offerta Musicale e il cembalista Marco Vincenzi per Nalesso Record, ottenendo ottimi consensi dalla critica per la qualita’ artistica dei Cd. で 2012 ha inciso per la casa “Brilliant Classics” un cd insieme con la pianista Stefania Redaelli della opera completa per violoncello e pianoforte di Felix Mendelsshon con il famoso violoncello Stradivari “Cristiani-Stauffer” . Il cd è stato nominato cd del mese dalla rivista “Music Web International”. E’ stato docente di violoncello alla Scuola di Musica di Fiesole,どちらも 1993 その中 2007 長年にわたって, イタリアのユース・オーケストラのチェロの行の教師であることに加えて. 彼は、ルッカからのコースでマスタークラスを与えています 2000 アル 2006 と 2011 ha tenuto masterclass nella citta’ di Assisi. E’ Docente di violoncello presso il Conservatorio “Buzzolla ” di Adria. E’ stato Docente di violoncello per il biennio superiore presso il Conservatorio “G.Tartini” di Trieste, ed e’ stato per otto anni fino al 2008 docente presso il Conservatorio “Monteverdi” di Bolzano e “Steffani” di Castelfranco Veneto.

レパートリールカ・フィオレンティーニ 2018

チェロ独奏

  • ヨハン・セバスチャン・バッハ – 無伴奏チェロのためのシックス・スイート
  • ドメニコ・ガブリエリ – チェロのための7つの検索
  • パウル・ヒンデミット – チェロソナタop.25, N.3
  • Gaspar Cassado’ – 無伴奏チェロ組曲

チェロとオーケストラ

  • アントニオ・ヴィヴァルディ – チェロと管弦楽のためのすべてのコンサート
  • フランツ・ヨーゼフ・ハイドン – ドゥMAGGで協奏曲. 再MAGGの電子.
  • ロベルト・シューマン – 短調協奏曲
  • ルイジ・ボッケリーニ – D長調協奏曲
  • カミーユ・サン=サーンス – 協奏曲第1番
  • ディミトリ・ショスタコーヴィチ – 協奏曲第2番
  • マックス・ブルッフ – コルNidrei
  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン – 三重協奏曲

チェロと通奏

  • アントニオ・ヴィヴァルディ – チェロとb.cのためのソナタナイン.
  • アレッサンドロ・スカルラッティ – 再分でソナタ1番
  • Nicolo’ Porpora – ドゥMAGGでソナタ.
  • ガエターノ・ボニ – B長調ソナタ.
  • ルイジ・ボッケリーニ – ソナタ. 4 , N.5, n.6, N.8, n.15

チェロとピアノ

  • Ludwig van Beethoven – Sonata op.5 n.1 e2
  • ラMAGGでソナタop.69.
  • ソナタop.102 N.1
  • Dodici variazioni op.66 su “il Flauto magico”
  • Felix Mendelssohn – Tutta l’opera per violoncello e pianoforte
  • Johannes Brahms – Due Sonate
  • Robert Schumann – Cinque pezzi in stile popolare
  • Cesar Frank – Sonata in La Magg.
  • Camille Saint-Saens – “朗らか情熱” op.43
  • Anton Webern – Due pezzi 1897
  • ソナタ 1917
  • 三つの小品op.11
  • Claude Debussy – Sonata
  • Sergeij Prokoffiev – Sonata op.119
  • Benjamin Britten – Sonata op.65 in Do Magg.
  • Dimitri Shostakovich – Sonata op.40
  • R. Boisdeffre – Tutta l’opera per vlc. そして、計画
  • Niccolo’ Paganini – Variazioni sulla prima corda da Rossini
  • Goffredo Petrassi – Preludio, アリア , フィナーレ
  • Bach-Kodaly – Preludio e Fuga
  • Ernest Bloch – Prayer from Jewish life
  • Paul Hindemith – Meditations
  • Drei leichte stücke
  • Edward Grieg – Sonata per vlc. そしてポップ.
  • Frederick Chopin – Sonata per vlc. そしてポップ.
  • ポロネーズブリランテ
  • K.Szimanowski – VLCのためのソナタ. そして、計画
  • W.Lutoslawski – “墓” VLCのための. そして、計画
  • A.Piazzolla – “グランドタンゴ” VLCとピアノのための
  • A.Ferrante – “L’Incertezza” VLCのための. そして、計画, ルカ・フィオレンティーニに捧げ
  • David Popper – “Tarantella”
  • A.Piattiスペア様々なVLC. そして、計画
  • Marco Sofianopulo – Salmo e danza di David 2006, ルカ・フィオレンティーニに捧げ

お客様の声